血栓が原因の脳梗塞は恐ろしい|真の原因は心臓にあり

先生

生活習慣の変化が

男女

脳卒中は、脳動脈が破れたり詰まることで血流が滞り、その先の神経細胞が死んでしまい、脳の機能が障害を受ける病気です。さまざまなタイプのうち、近年では欧米型の脳梗塞が増えています。たくさんのリスクのうち、まず改善したいのは内臓脂肪型肥満です。そのため、生活習慣(食事)を改善することが大切です。

定期的な脳検査の大切さ

男女

脳の癌である脳腫瘍は進行することで自律神経障害を招くことになり喋ったり食事をしたりと日常全般の行動が自分の力でできなくなります。金銭的な問題や家族の負担を考えればある意味、死ぬことよりも怖い状態になると言えます。予防としては食事や定期的な検診により発症し進行するリスクは抑えることは可能です。

脳の恐ろしい病気

先生

脳腫瘍は、脳や脳の周りの組織に腫瘍ができてしまう病気です。具体的な症状としては、目のかすみ、吐き気、けいれん、頭痛などが起こります。脳腫瘍を防ぐためには、毎日の生活で高カロリーの食事をしない、ストレスを上手く解消する事が大事です。

心臓が原因でも起こる

心臓病には気を付けて

男性

心臓でできた血栓が血液の流れに乗って脳の動脈を詰まらせることもあります。これは心臓が原因であることから心原性脳塞栓症と呼ばれています。心臓のポンプ運動が乱れてしまってそのリズムが一定にならないことを不整脈といいますがこの不整脈の中でも、心房細動を起こしてしまうと血流によどみができてしまい血栓ができやすくなってしまいます。心房でできた血栓が突然に剥がれ落ちてしまい脳の太い血管で詰まってしまうことがあります。心臓で作られる血栓は比較的大きくなることから、この大きな血栓が詰まった時にはいきなり手足のまひが起こったり意識障害などが一気に起こってきます。脳梗塞を起こさないためにも、心臓に持病がある人は積極的にこの治療をしてください。

救命率を上げる方法

脳梗塞を起こした時には脳内に早く血液の流れを戻してあげなくてはなりません。いかにして早く専門医に診察してもらえるかが回復ができるかできないかの決め手になってきます。各自治体では脳疾患をはじめとする救急体制に力を入れており、診察をするところに早く到着ができるようにドクターヘリを準備している自治体が多くなってきました。また専門的な治療が脳梗塞では必要なことから救急車内で治療が行うことができるように救急車で搬送途中で待ち合わせを行い、搬送途中で専門医が乗り込んでくる方法も採用するようになってきました。このような取り組みは救命率を上げることに大きく貢献して脳梗塞のような一刻を争う病気になった時に、大きく期待が持てる取り組みになっています。