血栓が原因の脳梗塞は恐ろしい|真の原因は心臓にあり

先生

脳の恐ろしい病気

死を招く恐れがある病気

先生

脳腫瘍は、脳や脳を取り囲んでいる組織に腫瘍ができてしまう病気のことです。複数のタイプの脳腫瘍が有りますが、基本的に遺伝子の異常で発生すると考えられています。また、高脂肪食品の過剰摂取、ストレス、喫煙などによって、病気が助長されていきます。脳腫瘍が発生すると起こる自覚症状として、目がかすむなどの視力障害が代表的です。その他にも、起床時に強い頭痛を感じる、吐き気、けいれん発作も見られます。なかでも、成人以降に初めてけいれんを起こしたら、脳腫瘍を疑ったほうが良いです。また、腫瘍が発生した部位によって、体のしびれ、上手く喋れない、聴覚障害なども見られます。進行すると意識が低下する場合もあるので、異変を感じたらすぐに病院に行くことが大事です。

予防のために大切なこと

脳腫瘍は、体に麻痺を残したり、最悪の場合、死に至るほどの恐ろしい病気です。ですが、毎日の生活習慣に気をつければ、予防することが可能といえます。まず、食生活の面で大切なことは、なるべく高脂質、高たんぱくの食事を摂らない事です。コンビニの弁当やファーストフードなどは、典型的な高脂質、高たんぱくの食事です。これらの食品を日常的に過剰摂取すると、脳腫瘍を発症させたり、悪化させる事が判明しています。なので、なるべく野菜や魚中心で、バランスのいい食事を摂ることが大事です。その他の予防方法としては、毎日の仕事や家事などのストレスを上手に発散することです。ストレスは体の抵抗力を弱めるので、病気に侵されやすくなります。なので、適度に運動をするなど自分なりのストレス解消法を見つけると良いです。