血栓が原因の脳梗塞は恐ろしい|真の原因は心臓にあり

先生

定期的な脳検査の大切さ

突然死を招く恐ろしい病気

男女

日本人の死亡原因のトップは癌です。その中でも最も怖いのが脳の癌である脳腫瘍だと言われています。脳細胞は感情、思考、生命維持、神経活動など様々な生命活動を担う大切な器官です。その大切な器官である脳に腫瘍ができることで周辺組織を圧迫されていきます。発症すると進行具合にもよりますが突然強烈な頭痛に襲われたり、言語のろれつが回らなくなるなどの症状が現れます。症状が進行していると最悪、突然死を招く恐れもあるのです。脳腫瘍の怖さは、肉体への深刻なダメージもそうですが、自律神経障害を招く恐れもあることです。食事や日常の活動も自分の力ではできなくなり、常に介護の力を借りなければならなくなるのです。金銭的なものと家族の負担も考えるとある意味、死ぬことよりも恐ろしいと言えるのです。

一年に一回は検査を

脳腫瘍は今の医学においても明確な原因は解明されていません。そのため予防策もはっきり言えないのが現状です。しかし脳腫瘍のリスクを高め、悪化を促す生活習慣を改善することで脳腫瘍に対するリスクを軽減させることはできます。食事も高タンパク質、高脂質食品の過剰摂取は脳腫瘍を発症させたり悪化させる恐れがあるので過剰摂取を避け、野菜やビタミンを多く摂取するようにしてバランスの摂れた食事をするように心掛けましょう。そして定期的な検査を行うことです。人間ドックを利用するのが一番良いのですが、忙しくて長時間拘束される人間ドックを利用する暇がないという人は脳検査CTやMRI検査を少なくとも一年に一度、出来れば半年に一度は受診するようにしましょう。倒れる前の予防対策としては定期的な検査を受けるのが最適な方法なのです。